1. HOME
  2. 用途実績紹介
  3. ヘルスケア
  4. インプラント光処理システム

WORKS

実績紹介

インプラント光機能化エキシマ
ヘルスケア

インプラント光処理システム

ニュースリリース
マロ・クリニック東京と株式会社エキシマ 「デンタルインプラント光処理システム」を共同研究開発

デンタルインプラントの親和性の向上を業界で初めて1分という短時間で可能とする光処理システムを共同研究開発した。

マロ・クリニック東京と株式会社エキシマは11月1日、デンタルインプラントの親和性の向上を業界で初めて1分という短時間で可能とする光処理システムを共同研究開発したと発表する。マロ・クリニック東京の世界最高水準の医療現場技術を支援し、インプラント成功率向上への貢献が期待されるという。

共同研究開発された「デンタルインプラント光処理システム」は、これまでのシステムは水銀を使用する光源を用いていたため処理時間の長さやインプラントの温度上昇、水銀を規制する環境国際条約「水俣条約」などの課題があった。

「デンタルインプラント光処理システム」は、水銀を使用しないXeエキシマ光源を採用、独自の光処理プロセスにより、短時間処理が可能となり、様々な長さ・形状のインプラントに対応し業界初の1分間という短時間処理が可能なシステムになるとしている。

マロクリニック・東京では、従来の技術に比べ、時間短縮という点に主眼を置き、また、これによりOsseointegrationを早めるだけでなく、軟組織の治癒促進やインプラントの長期安定の研究にも役立つと考えている。

株式会社エキシマは「デンタルインプラント光処理システム」を2017年11月東京日本橋で行われるISOI国際口腔インプラント学会にて機器出展発表する。

●会社概要 株式会社エキシマ
商号  : 株式会社エキシマ
代表者 : 代表取締役 佐藤 友昭
所在地 : 〒225-0026 神奈川県横浜市青葉区もみの木台23番地15番
設立  : 弊社19年6月
事業内容: 理化学機器製造販売業
資本金 : 1,000万円
URL   : http://excimer.co.jp/
日経会社コード:41295

●医院概要 マロ・クリニック東京
院長 : 下尾 嘉昭
所在地 : 〒104-0061東京都中央区銀座7丁目8番10号FUKUHARA GINZA 8階
マロ・クリニックは、Dr.PauloMalo(パウロ・マロ)によってポルトガル・リスボンで1995年に設立され、インプラント治療の世界的なリーダーとして貢献してきました。 そして世界中から集まるインプラント専門医のための最大の教育機関でもあります。
60,000㎡を誇るマロ・クリニック本部は、現代医療の先進技術を取り入れています。そしておよそ400人のスタッフと共に、患者様に最高のヘルスケアを提供し、その非常に専門的な医学チームと共に、現在1ヵ月当たり7,000人以上の予約の患者様と300人の新しい患者様を受け入れています。
現在まで、本国のマロ・クリニックでは延べ4万人以上の治療を行いました。その内の60%以上は国外の医療施設よりインプラント治療を困難とされ、紹介を受けた患者様にご来院いただいておりましたが、ついに2011年に日本でも本国と同様の治療が受けられる最新の歯科医療機器を備えたアメリカ・イタリア・スペイン等につづき世界で18番目のクリニックを東京・銀座にオープンいたしました。 これまでマロ・クリニックのドクターと開発チームは、All-on-4 ™(オールオン4)という全く新しい治療概念を開発し、世界中の無歯顎や歯周病で悩む患者様の社会復帰を可能にしております。
URL   : https://www.maloclinic-tokyo.com/


■ エキシマUV光処理とは

インプラント体表面をエキシマUV光処理することによりインプラントの成功率の最高の極みを追求します。エキシマUV光処理されたインプラント体表面と血液との高い生体親和性により骨結合を促進させインプラント体の安定性と成功率の向上を目指します。

■ 最先端エキシマ光機能化 臨床応用セミナー

「マロクリニック主催 イブニングセミナー」随時開催。【東京】New Photofunctionalization 【講師】MALO CLINIC TOKYO下尾嘉昭 先生【対象】インプラント治療経験者【内容】■炭化水素除去の有用性 ■エキシマランプの特徴■Osseointegrationに対する影響 ■治療期間への影響■アパットメントと周囲軟組織の結合への影響■ジルコニアの光機能化  詳細お問合せください。【問合せ先】MALOCLINIC TOKYO 03-3572-3977  ライフジャパン㈱ 080-3485-6453