1. HOME
  2. 事業案内
  3. ヘルスケア用インプラントエキシマ光機能化システム

製品案内

Products & Technologies

ヘルスケア用インプラントエキシマ光機能化システム

新インプラントエキシマ光機能化システム

  下尾 嘉昭先生(マロ・クリニック東京 院長)

「従来の器械に比べ、臨床での時間短縮という点に主眼を置き、様々な長さ、形状のインプラントやその他のチタン機材(チタンメッシュプレート、チタンピンセット)、アパットメント(チタン、ジルコニア)まで処理できるように開発いたしました。これによりOsseointegrationを早めるだけでなく、軟組織の治療促進やインプラントの長期安定にも役立つと考えています。」

■ 最先端インプラントエキシマ光機能化 臨床応用セミナー

  • 「マロクリニック主催 イブニングセミナー」随時開催。
  • 【東京】New Photofunctionalization
  • 【講師】MALO CLINIC TOKYO 下尾嘉昭 先生
  • 【対象】インプラント治療経験者
  • 【内容】■炭化水素除去の有用性
  • ■エキシマランプの特徴
  • ■Osseointegrationに対する影響
  • ■治療期間への影響
  • ■アパットメントと周囲軟組織の結合への影響
  • ■ジルコニアの光機能化
  • 詳細お問合せください。【問合せ先】MALOCLINIC TOKYO 03-3572-3977  ライフジャパン㈱ 080-3485-6453

■facebook エキシマインプラント光機能化 公式ページ開設しました。

お気軽に詳細お問合せください。

Super Osseo integration Excimer UV system 


マロ・クリニック東京と株式会社エキシマ 「デンタルインプラント光処理システム」を共同研究開発

デンタルインプラントの親和性の向上を業界で初めて1分という短時間で可能とする光処理システムを共同研究開発した。マロ・クリニック東京と株式会社エキシマは11月1日、デンタルインプラントの親和性の向上を業界で初めて1分という短時間で可能とする光処理システムを共同研究開発したと発表する。マロ・クリニック東京の世界最高水準の医療現場技術を支援し、インプラント成功率向上への貢献が期待されるという。共同研究開発された「デンタルインプラント光処理システム」は、これまでのシステムは水銀を使用する光源を用いていたため処理時間の長さやインプラントの温度上昇、水銀を規制する環境国際条約「水俣条約」などの課題があった。「デンタルインプラント光処理システム」は、水銀を使用しないXeエキシマ光源を採用、独自の光処理プロセスにより、短時間処理が可能となり、様々な長さ・形状のインプラントに対応し業界初の1分間という短時間処理が可能なシステムになるとしている。マロクリニック・東京では、従来の技術に比べ、時間短縮という点に主眼を置き、また、これによりOsseointegrationを早めるだけでなく、軟組織の治癒促進やインプラントの長期安定の研究にも役立つと考えている。株式会社エキシマは「デンタルインプラント光処理システム」をISOI国際口腔インプラント学会にて機器出展発表。

●会社概要
商号  : 株式会社エキシマ
代表者 : 代表取締役 佐藤 友昭
所在地 : 〒225-0026 神奈川県横浜市青葉区もみの木台23番地15番
設立  : 弊社19年6月
事業内容: 理化学機器製造販売業
資本金 : 1,000万円
URL   : https://www.excimer.co.jp/
日経会社コード:41295

●医院概要 マロ・クリニック東京
院長 : 下尾 嘉昭
所在地 : 〒104-0061東京都中央区銀座7丁目8番10号FUKUHARA GINZA 8階
マロ・クリニックは、Dr.PauloMalo(パウロ・マロ)によってポルトガル・リスボンで1995年に設立され、インプラント治療の世界的なリーダーとして貢献してきました。 そして世界中から集まるインプラント専門医のための最大の教育機関でもあります。
60,000㎡を誇るマロ・クリニック本部は、現代医療の先進技術を取り入れています。そしておよそ400人のスタッフと共に、患者様に最高のヘルスケアを提供し、その非常に専門的な医学チームと共に、現在1ヵ月当たり7,000人以上の予約の患者様と300人の新しい患者様を受け入れています。
現在まで、本国のマロ・クリニックでは延べ4万人以上の治療を行いました。その内の60%以上は国外の医療施設よりインプラント治療を困難とされ、紹介を受けた患者様にご来院いただいておりましたが、ついに2011年に日本でも本国と同様の治療が受けられる最新の歯科医療機器を備えたアメリカ・イタリア・スペイン等につづき世界で18番目のクリニックを東京・銀座にオープンいたしました。 これまでマロ・クリニックのドクターと開発チームは、All-on-4 ™(オールオン4)という全く新しい治療概念を開発し、世界中の無歯顎や歯周病で悩む患者様の社会復帰を可能にしております。
URL   : https://www.maloclinic-tokyo.com/

■インプラント光処理 Before After

 

■特 徴

  • 省スペース卓上最適
  • 高速処理時間
  • AC100V電源のみ
  • 処理時間設定タイマー装備
  • 扉インターロック装備
  • オゾン除害処理ユニット装備
  • 水銀ランプ不使用

■先生方に選ばれる理由

  • 高速処理時間 全行程2分 (高エネルギー光源波長172nm採用)
  • 直前に処理が出来るので事前の作り置きが不要
  • インプラントが全く熱くならない常温処理
  • 高性能オゾン除害処理ユニット装備
  • 低いランニングコスト、通常5年間ランプ交換は不要です。
  • 安心の国産メーカー、万全のメンテナンス体制
  • 環境にやさしい。水銀UVランプ不使用。
  • 平成23-30年度 文部科学省産学協同研究対象製品

意匠登録 歯科用紫外線オゾン殺菌機

意匠登録第1605371号(D1605371)

エキシマインプラント光機能化意匠

エキシマインプラント光機能化

【意匠に係る物品の説明】
本願物品は、「使用状態を示す参考図」に示すように歯科医療の分野、特にインプラント関連においてインプラントを保管し殺菌、洗浄、改質等の機能を有する紫外線殺菌保管庫である。本物品は紫外線光源と回転機構を有する治具に保持されたインプラントが垂直かつ平行に配置されており、紫外線光源点灯時、放射状に発せられた紫外線とオゾンが、回転するインプラント表面に照射することができる。
【意匠の説明】
本願意匠は、ランプを装着した支柱全体が貴台のスライドレール状を移動させることが出来る。

■従来の光機能化と新しいエキシマインプラント光機能化との一般的な機器特性比較

従来の光機能化に使用されている光源は波長185nm光エネルギー6.7eV/155kcal/moi、波長254nm光エネルギー4.9ev/113kcal/molの2つの波長を代表的な出力とする低圧水銀ランプです。このランプは酸素を有する大気中で点灯させると約100ppm程度のオゾンを発生いたします。水銀ランプはフィラメント電極の放電に伴う温度上昇でランプ管内の水銀を蒸発させて波長を発する原理のためランプの照度は温度とともに増大し最大照度に到達します。表面は一般的に100度以上の高温を伴います。したがって瞬時点等消灯のような運転には適しません。 また、ランプ管を縦に配置すると温度差による照度の均一性が生じることからランプ管の設置方向に制限があります。プロセス性能についてはインプラントの光機能化で約15分の処理時間を要します。これは出力波長に伴う光エネルギーに基づくものです。規制については2020年に水銀を含む製品の製造と流通を規制する水俣国際条約の影響を受ける可能性がございます。装置内に生じるオゾン処理について一般的に装置内のオゾン分解フィルターに所定の時間を排気循環させてオゾンを分解処理いたしております。

新しいエキシマ光処理に採用されている光源は波長172nm、光エネルギー7.21eV/166kcal/molを発するXeエキシマUVランプです。このランプは酸素を有する大気中で点灯すると約1200ppm程度のオゾンを発生いたします。エキシマUVランプには管内に電極がありません。希ガスのXe(キセノン)のみ封じられています。この希ガスを外部から励起させて波長172nmのUVを照射します。温度に伴う出力向上ではないのでランプは高温になることはありません。したがって温度による照度均一性の問題も無いのでランプを縦に配置することも可能です。ランプを縦に配置できるとインプラントを縦にセットし回転させなが均一に光処理することが可能になります。この構造は株式会社エキシマとマロクリニック下尾先生と知財登録いたしております。 エキシマUVランプは温度に伴う照度上昇は無いので点灯から約2秒で最大照度に達します。したがって瞬時点等消灯のような運転も可能になります。プロセス性能についてはインプラントの光処理で約1分の処理時間を要します。これは光の波長が短いので高い光エネルギーにより短時間処理が可能になったためです。
規制についてはエキシマUVランプは2020年に水銀を含む製品の製造と流通を規制する水俣国際条約の対象外ですので安心してお使いいただけます。装置内に生じるオゾン処理について業界30年の確かな経験に基づき独自のオゾン分解触媒を装置内に設置し排気循環させる事無くワンパスでオゾンを分解処理いたしております。 この方式は光処理したインプラントを再汚染の可能性を無くす理想的なプロセスを実現いたしております。

機器仕様

Model E502-172CTS
光源 エキシマUVランプ
波長 172nm
ランプ発光長 110mm
電源 AC100V 50/60Hz 2A
本体寸法 W262 x D295 x H375 mm
重量 約11 kg

 

■学会・展示会出展

2019 国際口腔インプラント学会学術大会

ISOI・DGZI  ベルサール東京日本橋

2018 国際口腔インプラント学会学術大会

ISOI・DGZI  ベルサール東京日本橋

2017  国際口腔インプラント学会学術大会

ISOI・DGZI  ベルサール東京日本橋

2016 国際口腔インプラント学会セミナー

御茶ノ水ソラシティー

2016  国際口腔インプラント学会学術大会 ISOI・DGZI

東京ベイ舞浜ホテル

2015  国際口腔インプラント学会学術大会

ISOI・DGZI  御茶ノ水ソラシティ

2015  テクニカルショー横浜 パシフィコ横浜
2014 BioJapan パシフィコ横浜
2014 日本口腔インプラント学会

東京国際フォーラム

■株式会社エキシマ 産学協同研究のご紹介

文部科学省および日本学術振興会 科学研究費助成事業データベースより研究成果
2011年から文部科学省科学研究費助成事業にて産学共同研究をご紹介いたします。弊社はエキシマUVランプの優れた特性を生かして歯科分野における研究開発に貢献いたしております。

  • 2013-2019 歯の亀裂発生解明のための挙動解析および歯質強化法の開発

研究実績の概要 口腔領域は摂食をはじめとして多くの重要な機能を担っており,歯の強度特性を検討することは歯科医療においても修復物設計の指針となると思われる.歯は歯冠部分と歯根部分からなり,歯根部での破折は歯冠部とは異なる様相を呈し,重篤な症状になり,抜歯になる可能性も高い.現在までに歯根破折の解明のため,歯冠部および歯根部における構造等の違いに着目し,研究を進めてきた.現在までに歯根破折の解明のため,歯冠部および歯根部における構造等の違いに着目し,研究を進めてきた.さらに、加齢現象についても着目している.歯の加齢変化による現象はいろいろと見られるが,象牙質における加齢変化は顕著であり,特に歯根象牙質において根尖側から次第に透明化し,加齢的に広がる透明象牙質はよく知られている.しかしながら,透明象牙質の特性に関する情報は少ない.そこで現在までに確立した歯質の微小硬さ試験方法を応用して,微小硬さ試験を行い,強度について検討したところ,微小硬さおよび弾性率は健全象牙質とは異なっており,加齢が影響を与えていると考えられた.今年度は,透明象牙質の構造をより詳細に理解することを目的とし,微小小型試験片による引張試験を行ったところ,透明象牙質は、健常象牙質よりも強度が小さいことが確認された.さらに象牙質のさらなる構造の解明を目的として,産業界において使用されているエキシマランプによる光照射を行ったところ,歯質表面の改質を確認することができた.

[学会発表] Tooth structure exposed to excimer UV irradiation2017 著者名/発表者名  Inoue T, Saito M, Nishimura F, Miyazaki T 学会等名 The 65th Annual Meeting of Japanese Association for Dental Research

[学会発表] エキシマランプ照射象牙質の構造特性2017 著者名/発表者名  井上利志子、齊藤 誠、西村文夫, 宮崎 隆 学会等名  第70回日本歯科理工学会学術講演会

[学会発表] 歯根透明象牙質の引張強さ2017 著者名/発表者名 井上利志子、齊藤 誠、西村文夫, 宮崎 隆 学会等名 第69回日本歯科理工学会学術講演会

  • 2015-2018 水銀を用いないエキシマ領域の紫外線による感染根管治療の確立