1. HOME
  2. ブログ
  3. 接触角計
  4. 接触角計測結果が異なる 静電気編

BLOG

ブログ

接触角計

接触角計測結果が異なる 静電気編

接触角のばらつきの原因として静電気があります。導電性の金属でも接地されていなければ帯電します。冬場のバッチとくる放電が溜まっている状態です。絶縁物の場合の表面電荷は高いところもあれば低いとこもあるまだらな帯電分布になっています。
※独立行政法人 産業技術総合研究所 生産計測技術研究センター 公開サイトより
そのような表面に水滴を滴下すると場所によっては帯電した表面の電荷の影響を受けて水滴が引っ張られたり形が変わったりすることで接触角計測結果が異なることがあります。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事