エキシマUVインプラント光処理システム

Super Osseo integration Excimer UV Chair side system 限りなき成功率を追求します。make a good thing better


■ エキシマUV光処理とは

インプラント体表面をエキシマUV光処理することによりインプラントの成功率の最高の極みを追求します。エキシマUV光処理されたインプラント体表面と血液との高い生体親和性により骨結合を促進させインプラント体の安定性と成功率を向上させます。

■ プロセス原理は

エキシマUV光によりインプラント体表面に存在する炭素等からなる有機化合物の結合を切断。同時に紫外光を吸収した空気中の酸素は励起酸素原子と同時にオゾンを生成。これがインプラント体表面に反応し有機化合物はCO2等にガス化し分解され残った表面はOH-等により親和性の高い状態となりDental implantのSuper Osseo integrationに貢献致します。

■ 先生方に選ばれる理由

  • 高速処理時間 全行程2分 (高エネルギー光源波長172nm採用)
  • 直前に処理が出来るので事前の作り置きが不要
  • インプラントが全く熱くならない常温処理
  • 高性能オゾン除害処理ユニット装備
  • 低いランニングコスト、通常5年間ランプ交換は不要です。
  • 安心の国産メーカー、万全のメンテナンス体制
  • 環境にやさしい。水銀UVランプ不使用。
  • 平成23-27年度 文部科学省産学協同研究対象製品

■ インプラントの光処理は必要ですか?

私たちは未処理のインプラントが悪いとは考えていません。make a good thing better 良いものをより良く、インプラント成功率の最高の極みをめざします。平成23年度から5年間の産学共同研究と先進機材をご研究される先生方を通じエキシマUV光処理はSuperOsseointegrationにより従来のインプラント成功率をさらに向上させると考えています。

■ 仕 様

品名 UV172DT
光源 エキシマUVランプ
波長 172nm
ランプ発光長 110mm
電源 AC100V 50/60Hz 2A
本体寸法 W262 x D295 x H375 mm
本体寸法 W300 xD300 x H1800 mm
重量 約11 kg

■ 展示会・イベント

  • ISOI国際口腔インプラント学会セミナー
  • 日時: 2016/11/13(日)
  • 会場: 東京ベイ幕張ホテルクラブリゾート

    • ISOI国際口腔インプラント学会セミナー
    • 日時: 2016/7/10(日)
    • 会場: 東京ビックサイト TFTビル9F
    •               
    • 日時: 2016/4/20(水)-22(金)
    • 会場: 東京ビックサイト 東4ホール Booth No.1307
    •     横浜市経済局/横浜市企業経営支援財団 「横浜パビリオン内」
    • プレスリリース
    •                       
    • http://www.medtecjapan.com/ja/news/2016/04/15/1486






    ■facebook エキシマインプラント公式ページ開設しました。

                 

    ■ 詳細資料ございます。お気軽にお申し付けください。Tel 045-507-3313  E-mail  info@excimer.co.jp

https://youtu.be/5CraEZIHlbg

株式会社エキシマのヘルスケア製品はQMS(Quality Management Sysem)品質マネージメントシステムに基づく運用管理致しております。

エキシマUV表面改質の紹介
インプラント表面改質とは UVによるインプラント表⾯改質はインプラント体と⾎液との親和性(濡れ)の向上が見られます。これは骨結合の獲得に有利です。エキシマUVによりインプラント表面の有機結合が切断されます。そこへ従来の水銀UVに較べ10倍のオゾン発性と活性酸素が反応しインプラント表面の濡れを阻害する物質を取り除き活性化させます。その結果インプラント体表面の血液親和性の向上させ骨との結合を向上させるSuper Osseo integrationに貢献します。
従来技術との比較 波長の短い光は有機結合の切断、分解、反応による表⾯改質の向上能力が飛躍的に高い。また、最大出力に達するまでに従来の水銀UVは熱に依存する為、数分を要すがエキシマUVは最大出力まで2秒で到達します。また、温度に関して単一波長を照射する特性の為、光源は高温になりませんので処理直後のインプラントが熱を持つことはありません。
学会出展 平成27年度 日本口腔インプラント学会機器出展製品
2015年度 国際口腔インプラント学会機器出展製品
展示会 2016 Medtec 2016 医療機器の製造・設計に関するアジア最大の展示会 
平成23-27年度 文部科学省産学協同研究対象製品
文部科学省 科研費データベースより研究成果 2011-2012
「エキシマレーザを用いたチタン製インプラント表面処理の開発」

研究概要

超高齢社会における歯科医療において、歯科インプラント治療は選択肢の一つである。また、高い生体親和性から歯科インプラント体材料としてチタンおよびチタン合金が用いられ、さらに早く機能回復をもたらすためにさまざまな表面処理が検討されている。今研究においてエキシマランプ照射装置を新たに開発し、照射によりチタン製インプラント表面の生体親和性を向上させることが明らかとなった      

[学会発表] エキシマランプ照射によるチタン表面改質効果2012 著者名/発表者名 片岡 有, 滝口裕一, 大塚福長 , 堀田康弘, 玉置幸道, 宮崎 隆 学会等名    歯科チタン学会 発表場所    名古屋 年月日     2012年2月18日
[学会発表] Effect of excimer ultraviolet to titanium modified by Wire-type EDM2012 著者名/発表者名 Yu Kataoka, Yuichi Takiguchi, Shigeru Ikeda, Takashi Miyazaki 学会等名    European Association for Osseotntegration 発表場所    コペンハーゲン 年月日     20121010-20121014
[学会発表] Effect of Excimer ultraviolet to titanium by Wire-type EDM2012 著者名/発表者名 Kataoka Y, Takiguchi Y, Ikeda S, Miyazaki T 学会等名    The 21^ EAO Annual Congress 発表場所    コペンハーゲン 年月日     2012-10-10
[学会発表] エキシマランプ照射によるチタン表面改質2012 著者名/発表者名 片岡 有、滝口裕一、大塚福長、堀田康弘、玉置幸道、宮崎 隆 学会等名    歯科チタン学会 発表場所    名古屋 年月日     2012-02-18
[学会発表] EFFECT OF EXCIMER UV LAMP RADIATION ON TITANIUM.2011 著者名/発表者名 Takiguchi Y, Kataoka Y, Ikeda S, Miyazaki T 学会等名    The 20th EAO Athene Annual Congress 発表場所    アテネ(ギリシャ) 年月日     2011年10月12日
[学会発表] Effect of Excimer UV lamp radiation on titanium2011 著者名/発表者名 Takiguchi Y, Kataoka Y, Ikeda S, Miyazaki T 学会等名    The 20^ EAO Annual Congress 発表場所    アテネ 年月日     2011-10-12

Application Tags:

biocompativity
Excimer uv
Implant
mercuri free
インプラント
エキシマ
エキシマメディカル光化学研究会
水銀不使用
生体親和性

「 ヘルスケア 」カテゴリに属するその他製品

Contact Us

  • 〒225-0026
    神奈川県横浜市青葉区もみの木台23-15
  • info@excimer.co.jp
  • TEL:045-507-3313
  • Monday - Friday:
    9:00 am - 17:00 pm
    Saturday - Sunday: Closed

永年の豊富な経験から、用途や環境に応じた最適な機種をご提案
お問合せはこちらから

Contact Us
  • Address: 〒225-0026
    神奈川県横浜市青葉区もみの木台23-15
  • TEL:045-507-3313
  • Email: info@excimer.co.jp
  • Monday - Friday: 9:00 am - 17:00 pm
    Saturday - Sunday: Closed
Movie
© 2007-2017. Excimer Inc. All right reserved.